山歩き、食べ歩き

神奈川在住の山歩きと美味しい食べ物が大好きな登山3年生。山や食べ物についていろいろ書いていきます。最近カメラ買いました。

【日帰り登山】2019年登り始め!武蔵御岳神社でご祈祷を受け、雪の御嶽山ロックガーデンを歩きつるつる温泉に入ってきました!

f:id:yama-aruki:20190217163944j:plain
2019年となりましたが1
月はどこにも登れず、月末に雪が降ったのでなんとか予定の空いた23日に雪の残る奥多摩御嶽山からロックガーデンを歩き日の出山を経由してつるつる温泉へ下山してきました。

 

 

 

 

 

 

メインは厄払い

 

 

登山を始めた2年前から雪が降ったら丹沢に行って霧氷が見たいと思っていた私ですが、3日後に25歳の誕生日を控えていた私は今年は後厄にあたります。

 

年が明けてからそろそろ厄払いに行かないと危ないかも...と思わされる出来事が続いており今回は雪の丹沢を泣く泣く諦め厄払いを最優先事項としました。

 

そこでお払いしてなおかつ山歩きができて雪もちょっとでいいから残っててかつ下山して温泉に直行できるという条件でぴったり合致したのが御岳山だったのです。

 

御岳山ってどんな山?

 

御岳山(みたけさん)は、東京都青梅市にある標高929mの山で、山頂には武蔵御岳神社が建立されており古くから山岳信仰の対象とされていてパワースポットの宝庫としても知られています。

 

最寄りのJR御岳駅からバスに乗り約10分で登山口のケーブル下バス停に到着します。少し歩くとケーブルカーの滝本駅に到着しケーブルカーはここから御岳山駅まで標高差423mを約6分で登ります。(歩くと1時間近くかかるそうです)

 

運賃は大人片道590円(PASMO,SUICA可)で御岳山ケーブルカーは愛犬と乗ることも可能なのでワンちゃん片道130円で乗れたりもします。

 

ケーブルカー終点の御岳山駅から山頂の武蔵御岳神社までは舗装された参道歩きで20~30分程度歩けば着きます。そこから奥の院や大岳山方面、日の出山経由つるつる温泉、秋川温泉方面、そして四季折々の景色が楽しめるロックガーデン方面と登山初心者からしっかり山歩きをしたい方まで楽しめる奥多摩の中でも人気が高く1年を通して多くのハイカーで賑わっている山です。

 

 

今回歩いたコース

 

今回のコースは御岳山駅~武蔵御岳神社奥の院~七代の滝~綾広の滝~日の出山~つるつる温泉というルートを歩いてきました。

f:id:yama-aruki:20190217164927p:plain

 

 

f:id:yama-aruki:20190217164154p:plain

 

まずはケーブルカーで御岳山駅へ

 

今回はまったり歩きたい&時短のためにケーブルカーを使用しました。

f:id:yama-aruki:20190217163749j:plain

 

御岳山駅から武蔵御岳神社まではこのような舗装された参道を歩きます。

宿泊施設やお土産屋さんや飲食店が立ち並んでいて途中にはビジターセンターもあるのでここで登山道の状態なども確認することができます。

 

f:id:yama-aruki:20190217163944j:plain

 

雪獅子だるま。。。かわいい。

 

 

f:id:yama-aruki:20190217165635j:plain

 

20分ほど歩くと手水舎がありここから5分ほど階段を歩くと社殿のある山頂に到着です。

武蔵御岳神社では愛犬のご祈祷も行っているのでワンちゃんと来られている方もかなりいました。

 

社殿にてご祈祷をしていただきました。

f:id:yama-aruki:20190217173129j:plain

f:id:yama-aruki:20190217172650j:plain

 

山に持っていくお守りも購入しました。

盗難除け、魔除けの神「おいぬ様」として親しまれてきた「大口真神」という日本狼の神様のお守りです。

『山奥で道に迷った日本武尊と軍を導いた白狼に、「災いを防ぎこの地を守護せよ」と日本武尊は仰せられた。そして狼は、その言葉に従い『大口真神』となって御岳山に留まった』という言い伝えがあります。

 

今回御岳を選んだ1番の理由はこの「おいぬ様」です。

今後山に行く際は身に着けていようと思います。

 

雪道を歩き奥の院、ロックガーデンへ 

 

1番の目的も無事に果たせたのでここからは楽しい山歩きです。

日なたはあまり雪がありませんが日陰はこのとおり

f:id:yama-aruki:20190217173658j:plain

チェーンスパイク装着して歩いていました。

 

奥の院(写真忘れてました)からの下りも雪が踏み固まってつるつるで、その後も雪道だったのでチェーンスパイクは結局七代(ななよ)の滝までつけていました。

そんなこんなで雪道ハイキングを楽しんでいると綾広の滝に到着します。

 

f:id:yama-aruki:20190217175433j:plain

f:id:yama-aruki:20190217175600j:plain

 

冬場は水がかなり減っているようですが夏場や新緑の時期にここを歩くのはとても気持ちがよさそうです。

 

そして滝も綺麗ですが隣の巨岩達の迫力がものすごい!

ロックガーデンと呼ばれているのも納得の迫力です。

 

f:id:yama-aruki:20190217180725j:plain

 

七代の滝に向けては沢沿いの気持ちのいい雪道を歩いていきます。

途中お手洗いやテーブルがあり、鍋をつついてる一団の方がいました。

雪景色の中で鍋。。。最高すぎますね。

 

 

そして突然現れる急な階段を下っていくと七代の滝に到着します。

 

f:id:yama-aruki:20190217181218j:plain

 

この七代の滝は上のほうの良く見えない小さい滝も含めると50mもの落差があるそうです。確かに滝まで50mくらい下りました。

 

 

そしてここから日の出山へ向かうので一旦御岳山まで登り、1時間程度で日の出山に到着します。

日の出山は初日の出のスポットとしても人気だそうで、山頂からは関東平野が一望できます。

f:id:yama-aruki:20190217181938p:plain

 

本当に気持ちのいい景色です。

 

つるつる温泉でつるつるに

 

ここでのんびり昼食を食べてつるつる温泉に下っていきます。

コースタイムだと1時間半くらいです。

 

この日は2月頭にもかかわらず気温が15℃くらいまで上昇し、いい感じに汗ばんでいたので下山中はもはや「温泉」の二文字しか頭にはありません。

 

そしてついに

 

f:id:yama-aruki:20190217182551p:plain

 

ずっと気になっていたつるつる温泉!

ついに.これました!

 

泉質はアルカリ性単純温泉で、文字通りつるつるの湯上りです。

また館内は広く食事ができたり売店があったりと充実しており、汗を流してプシュっと1杯やっている方も多くいました。

私も我慢できずに1本プシュっとやって帰路につきます

 

帰りは正面玄関目の前のバス停からJR武蔵五日市駅までのバスに乗り、ホリデー快速で帰宅しました。

 

 

 

今回は奥の院、ロックガーデン経由で5時間弱歩きましたが、御岳山~日の出山~つるつる温泉のルートなら約3時間で歩くことができます。

 

またロックガーデンは今回初めて訪れましたが四季折々の景色を楽しめると聞いているので緑が綺麗になったらまた訪れてみたいです。

 

 1番の目的だった厄払いと、雪道歩きに温泉とやりたいことを全部達成できたので大満足の1日でした。